2017年11月21日

お久しぶりです。

お久しぶりです。
前回の更新からかなり時間が空いてしまいました。
国際教養学科の増田葵です。

後期は前期に体験しなかったことを始めたため時間が取れませんでした。
それらもひと段落したため、留学終了まで後期の学校生活について少しずつ更新していければいいなと思います。

まず、私が後期に始めたことは二つあります。
それは、語学堂とTOPIK対策の授業を受けたことです。
語学堂のことは後日また詳しく書きます。今回は簡単な紹介と良かった点を書いていきたいなと思います。

それともう来年度の交換留学生が決まったのでしょうか?
私が留学準備で大変だったことやこちらで何が必要なのかも今後書いていきたいと思います。
最後に来年度来られる方に注意していただきたいことを書いたので、真ん中飛ばしてもいいのでそこだけ読んでいただければなと思います!!!

まず語学堂ですが、留学前の説明会などで聞いていると思いますが、日大の交換留学には語学堂は含まれていません。
そのため、前期は私も大学の授業のみを取っていました。
しかし、夏休みに世宗大学のコーディネーターさんから語学堂の空きがあるので受けてみませんか?という内容のメールが来ました。
よく読んでみると無料で語学堂に通わせていただけるということでした。
親とも相談して、単位にも少し余裕があったので通わせてもらうことにしました。

語学堂は4つ(春・夏・秋・冬)の学期に分かれています。1学期だいたい2ヵ月(10〜11週)程度のカリキュラムが組まれています。
私は12月末に帰国予定だったため、今回の秋学期のみを受講しました。
つい先週まで授業を受けていたのですが、結果を言うともしこれから留学に来る人たちにも時間があればぜひ語学堂を受けてもらいたいなということです。

語学堂なのでもちろん韓国人はクラスにはいません。先生のみ韓国人です。
そのため、韓国人との交流時間は減ってしまいます。しかし、自分以外の人たちがなぜ韓国に来て勉強しているのか。将来何を目指しているのか。韓国以外の国について知ることができます。
私は、語学堂に通って自分の視野が本当に広がったように感じます。
また、韓国にしか興味がなかったのに同じクラスの人たちの国についても知りたいと感じるようになりました。

また、語学堂なので韓国語の文法を1から正しく学べるという利点もあります。
私は、正しい文法を学んでいなかったので、とても自分のためになりました。
レベルテストできちんと自分の韓国語の実力を見てもらえるため、安心してクラスで学ぶことができます。
また、授業ももちろんすべて韓国語なため聞き取りの練習にもなります。
後日詳しく書きますが、発表や書き取りなどの授業もあります。
日本にいたら経験のできないような授業を受けることができて、この二ヵ月本当に充実した毎日を送れていました。
なので、もし来年度から来られる方で少しでも語学堂に興味がある人は是非受けてもらいたいなと思います。

↓語学堂のURLを貼っておきますので参考にしてもらえたらと思います↓
http://ili.sejong.ac.kr/contents/ili/cor/semesterschedule.html

次にTOPIK対策授業です。
TOPIK対策授業も希望制です。これは寮や大学の廊下に掲示してあるチラシのようなものを見て受けようと思いました。
この授業を受ける生徒は全員最初に10万₩を支払います。この10万₩は保証金ですべての授業終了時に80%以上出席していれば戻ってくるお金です。

週に2回(火木または、水金)の18:00~20:00です。これも約2ヵ月程度になります。
最初にレベルテストを受けます。私は4級レベルの授業を受けています。
特別なテキストなどはなく、過去問を解いて先生に解説もしてもらいます。
また書き取り(쓰기)は、書き方や書くときに必要な文法などを教えてもらいます。
勿論ある程度の語彙力や文法を知っている必要はあります。

いままではなんとなく過去問を解いたり単語を覚えていましたが、この授業を受けてTOPIKの問題を解くときに必要な力を身に着けることができた気がします。
リスニングは触れずに、読み書きの部分を行っています。なので、リスニングを伸ばしたい人には少し合わないかもしれません。

10万₩という少し大きなお金を払うのでお金の心配があると思います。が、上にも書いたように戻ってくるお金なので心配ないと思います。
いくら戻ってくるお金とはいえ、適当に受けていては自分のためにならないので是非積極的に参加してもらいたいなと思います。

TOPIK授業については他に書くことがないのですが、語学堂についてはまだまだたくさんあるのでこれからも少しずつ載せていけたらいいなと思います。

最後にひとつだけ来年度に来られる方に早めに伝えておきたいことが…。
最初に世宗大学側に個人情報のようなものを入力します。(名前、世宗大学で専攻したい学部、生年月日、などなど)
その際にメールアドレスを記入する欄があります。
そこは必ず韓国に来ても確認できるメールアドレスを書いてください!!!
日本にいるときから、世宗大学から連絡が来るのでついつい日本でのみ確認できるメールアドレスを書いてしまったという留学生がいます。
世宗大学から来るすべてのメールはそのアドレスに送信されます。アドレスの変更をお願いしに行っても、メールが届かないそうです。
なので、必ず韓国でもパソコンからでも確認できるメールアドレスを書いてください。
(例えば、Yahoo Mail, Gmail, Naver, Daum...など)
私は、Gmailのアドレスで登録したため大丈夫でした。
メールが届かないとこちらに来てから本当に不便なので早めに伝えなければ!と思い書かせていただきました。

久しぶりだったのでだいぶ長くなってしましました。
また字ばっかりですみません。次回以降は写真も載せていきたいと思います。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


posted by 日大国際留学生 at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。